2016年04月10日

4/17 世界が注目する「現代の魔法使い」落合陽一氏の学生・保護者向け講演会

教科書の発注手配がありますので、教科書と会費のセットでお得なセット割でのお申し込みはもうすぐ締め切ります。参加をお考えの方のお申し込みはお急ぎください。

2015年World Technology AwardのIT Hardware部門を受賞した28歳にして世界的に有名な最先端の研究者でメディアアーティストでもある落合陽一さんの講演会です。
(同部門、日本人個人としては青色発光ダイオードでノーベル賞を受賞した中村修二以来二人目)

人工知能(AI)のアルファ碁が人間に圧勝したニュースも皆様の記憶に新しいと思います。
*2045年には「シンギュラリティ」(AIが人間の頭脳を超える技術的特異点)を迎える
*ロボット・AIに人間の仕事が置き換わる
という話も最近は見聞きしませんか?

そこで世界最先端の研究者である落合陽一さん に

”コンピュータと人が協調する未来”とはどんな世界なのか?
テクノロジーで「魔法をかける」ことのできる人材になる方法、
デジタルネイチャー」を生き抜く人材になる方法
発想体質になるには? 等

を具体的にお話いただきます。Q&Aタイムもあります。

主に中高生と中高生の保護者向けですが、大学生の参加も受付中です。
小学生の保護者の方もご参加いただけます。



日時:4/17 日曜日 13:30開始 14:30終了 15時までQ&Aタイム
場所:参宮橋駅付近 
(お申し込みをいただいた方に4/15日頃に会場の詳細はご案内差し上げます。)
これからの世界をつくる仲間たちへ -  
「これからの世界をつくる仲間たちへ 」という中高生にむけた本を3月28日に出版なさいました。


講演の教科書として落合先生が中高生向けにかかれた上記「これセカ」(税込み1404円)を使用いたします。
世帯で1冊ありましたら大丈夫です。

<会費>
中高生:1904円 (教科書代1404円+500円)のところを特別に1750円
大学生: 2404円 (教科書代1404 円+1000円)のところを 特別に2350円
中高生保護者[MamaBA オーガナイザー以上]:メンバーセット割 2800円(本来本来1404円+1500円)
保護者[MamaBA メンバー]:メンバーセット割3300円(本来1404円+2000円)
一般・保護者[MamaBAメンバー以外] 教科書代込み:3900円 (本来1404円+2500円)+PEATIX手数料

先にキンドル版や書籍版を購入して予習をなさる方は会費のみです。
中高生:500円
大学生:1000円
保護者 [MamaBAオーガナイザー以上]:1500円
保護者 [MamaBAメンバー]:2000円
一般・保護者 [MamaBA メンバー以外]:2500円 +PEATIX 手数料

中高生、大学生、MamaBA会員様のお申し込みはこちらからお願いいたします。
   ↓
http://goo.gl/forms/6IWuAsqjOw

キャンセルポリシー:4月12日(5日前)以降のキャンセルは、
キャンセル料をいただく場合があります。ご了承ください。

MamaBA 会員登録は無料です。ママ以外(パパ・独身)でも会員登録できます。会員登録はこちらからお願いいたします。
 ↓
http://www.orionsbelt.co.jp/obt_widget/mamaba/mamabasignupform

一般の方のお申し込みはこちらからお願いいたします。
 ↓
http://ochyai.peatix.com

お問合わせはこちらまでお願いいたします。
  ↓
http://form1.fc2.com/form/?id=851674

MamaBA リードオーガナイザー 中筋美佐 (JUNIOR ROBOT・MAKER SPACE 主宰)

<講師プロフィール>
落合陽一
12722630_10207718992071511_358242309_o (1).jpg

1987年生まれ。筑波大助教。メディアアーティスト。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)認定スーパークリエータ。
BBC、CNN、TEDxTokyoをはじめ、メディア出演多数。
2015年には、TIME誌とFortune誌による、技術分野の世界的研究者を選ぶ「ワールド・テクノロジー・アワード」を受賞。
月刊文藝春秋「日本を元気にする逸材125人」に選出。
〈現代の魔法使い〉の異名を取る。

公式HP
http://96ochiai.ws/
posted by MamaBA at 18:46| Comment(0) | TK: 中筋 美佐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント