2014年03月31日

3/29セミナー報告『バイリンガル育児とその先にあるもの』

こんにちは! バイリンガル育児コンサルタントの山田日弓です。
土曜日は、桜も咲き始めたうららかな午後でしたが、松濤学舎のほうにお越しいただきました皆さま、ありがとうございました。

さて、CEPIO中西智子さんのお話、とても面白かったですよ!
大阪からわざわざお越しくださいましたのでね、関西弁を交えて、笑いが起きる場面も随所にありつつ、真面目な話もたくさんマシンガントークでお話しくださいました。

<セミナーの様子>


今回は、『バイリンガル育児とその先にあるもの』というお題だったので、中西さんの3人の息子さんがいつの時期どんなやり方をしてどんなバイリンガルに育ったか、というお話と、すでにバイリンガルになられて2〜30代になっておられますので、日本語と英語、そしてバイカルチャーという武器を持って、どのように活躍されているかということをお話しいただきました。

どの方も、英語がハイレベルにできます。だから英語の先生になりました、ではなく、お医者さんだったり、エンジニアだったり、証券アナリストだったり、それぞれの分野で活躍していらっしゃいます。まさに、誰もがうらやむ秀才三兄弟ですが、中西さんの育て方をお伺いしていると、のびのびと、たっぷりの愛情をかけて、でも、しっかりした軸を持って強い母として育ててきた、ということで、本当に参考になりました。そして、それぞれの分野において、英語ができるということがどんな風に役立っているかというお話も大変興味深いですね。二階級特進と言ってもいいような感じですかね。英語の専門家だけでなくとも、英語ができるということはこれほどに世界を広げてくれるものなのですね。


たくさんのお子様もいらしたので、子供たちは、松濤学舎のキッズルームと芝生の庭でたくさん遊びました。本当は、ネイティブ講師と英語で遊んでもらおうと思っていたのですが、アクシデントがあり実施できなかったのですが、英語の話せるお友達もいて、英語が飛び交っていましたね。その子たちの英語の発音には、発音の専門家である中西先生もかなり驚いておられました^^

最後に記念撮影ハート



※ちなみに、今回のセミナー、事前にご連絡なしで欠席されてた方がかなり多かったのです。もしかして、こちらからお送りしたご予約の確認や、場所のご連絡が届いていらっしゃらない方がいましたか? うちのスクールからのメールは、迷惑フォルダに入ってしまうことがよくあるようですので、もしかしたらそのせいかもしれません。参加したかったのに来れなかった方、申し訳ありませんでした 今度から、ご連絡の方法を少し検討しますね。


それでは、今後も素晴らしいセミナーを企画していきたいと思いますので、またの機会に!

オーガナイザー: ソレイユ・インターナショナル・ホーム・スクール代表 山田日弓
posted by MamaBA at 15:56| Comment(0) | TK: 山田 日弓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。